かぼすは、三百年ほど昔から臼杵の稲葉藩や竹田の、岡藩で自家用として庭先栽培されていたものが、ルーツといわれています。かぼすのよさが認められて、県下各地で本格的な栽培がはじまり、県南西部を中心に大分県下一円で栽培されています。
かぼすは、ビタミンCをはじめクエン酸・リンゴ酸・グリコール酸等、数多くの栄養素を含み大切な栄養素のバランスをとることができ、さわやかな風味とまろやかな酸味と香りが特徴です。
(大分県カボス振興協議会発行「大分県…一村一品カボス」出典)


かぼすの最盛期(採取時)における有機酸含量を示したものが右表です。他の果実に比べ蟻酸、リンゴ酸、クエン酸、グリコール酸などが多く含まれ、その中でも特にクエン酸の含量が多く、かぼすは健康食品として極めて優秀な部類です。クエン酸は、食酢に含まれる酢酸よりも三倍もの濃い内容を持ちながら酸としての強さはわずか3分の1です。ギュッと絞りたてのかぼすの中に、ほのかな甘味を含んだ爽快感。それがかぼすの中のクエン酸です。筋肉の中に蓄積された疲れの乳酸の為に頑固な肩こりや頭痛の方にも、クエン酸をたっぷり摂ることでぐっと楽になってきます。クエン酸は、体液を正常な弱アルカリ性にもどして病気を予防します。クエン酸は血液中コレステロールを減し、血圧の上昇を抑えてくれます。




大分県大野川の恵みを母にして、雄大な自然の中に今もなお多くの遺産を残した浪漫漂う奥豊後の町 “千歳町”
千歳村農産加工(当社)は、この自然に恵まれた地の利を生かして、 かぼす・ゆず・だいだい等の果実を丹念に搾り添加物を一切加えない『天然果汁100%』として自信をもって、お届けいたします。



果汁の出来るまで上図のように果実のもつ特性に応じて、最高期に搾汁工程を行い年間を通して充填工程を行っています。一本、一本丹念に製造していますので旬の味覚をご提供致しております。

ページ上部へ戻る